FXとは何か?(1$=100円の意味から、分かりやすく解説♪)

FXとは何か?
分かりやすく、簡単に説明したいと思います☆

FXは、何の略?

Foreign(外国)
eXchange(為替・かわせ)

外国為替の略字が、FXです。

 

世界中には色々な通貨(お金)があります。
日本のお金は、¥(えん)
アメリカのお金は、$(ドル)
ヨーロッパのお金は、€(ユーロ)

それらの通貨同士を取引するのが、FX(為替取引)です。

1$=100円の意味

1$=100円の意味はズバリ言うと、交換できる水準です。(為替レート)
1$を手に入れる為には、100円が必要ですし・・・
あるいは、100円を手に入れる為には、1$が必要という意味になります。

1$の価値と100円の価値が同じ、と言い換えることも出来ます。

 

ただ、この交換レートは固定されている訳ではなく、常に変動しています。
1$=90円にもなりますし、1$=105円にもなる可能性があります。

この変動を予想して取引をするのが、FXです。

通貨ペアは、世界共通に決められている

FXをする際には、あらかじめ通貨ペアが決められています。
ドルと円のペアは、「ドル円」といいます。(円ドル、とは言いません。)

 

ドル円の値段の動きを、ドル円相場といったりします。
ドル円相場は、必ず1$=???円、という表示になります。
(0.9$=100円、という表示にはなりません。)
1$=99円になったり、1$=101円になったりします。

 

FXでは、今後1$が何円になるかを予想して取引をします。

ユーロドル相場では、
今後1€が、何ドルになるかを予想して取引を行います。

通貨(お金)の価値が変動する理由

実話から紹介したいと思います。

1991年に、旧ソ連が崩壊しました。
その時に使われていた通貨は、ソ連ルーブル。
国の崩壊とともに、その国の通貨も信用を失います。

 

ヨーロッパ、アメリカ、日本、世界中の人々が、
ソ連ルーブルは、紙切れ同然の価値になる危険を感じます。
慌てて、ソ連ルーブルを他の通貨に交換し始めます。

すると、ソ連ルーブルを欲しい人がいなくなっていき、
価値&値段が下がっていきます。

 

実際に年間で、70倍ほど価値が下落したそうです。
この70倍の変動は、すさまじいものがあります。
日本円で例えるならば・・・
本来100円の缶コーヒーが、7000円出さないと買えない状況です!

 

これほどまでに極端ではありませんが、
世界各国の政治&経済情勢は常に変化しています。
それに合わせて、為替レートも変動をしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加