天空プロフィール

Google+
2013-01-10_18264512

誕生~小学時代

千葉県浦安市にて誕生。
小2の頃にディズニーランドが市内に完成、ランド世代♪
同小学低学年期にセーターのチクチク感が嫌で、一冬の間、短パン&Tシャツで過ごす。もの凄い周囲の反響(大勢の知らない人からも誉められた!)があって、途中で寒いとは言えなくなり、結局小学校卒業まで続けるハメに。中学の制服が長袖&長ズボンで助かる。

中学時代

中2の頃が思春期全盛で、タバコや異性に興味を持つ。女子との登下校&初キスも経験。中間・期末試験などのテスト成績は意外と良好。
が、中3後半くらいから、夜遊び(特に悪さをする訳ではなく、友達とおしゃべりをする)をし出し、体内時計が狂い始める。
朝起きれなくなり、昼過ぎの登校も日常茶飯事に。担任の先生の計らいで、クラスメートに起こしてもらったことも。

高校時代

偏差値68くらいの高校でしたが、体内時計の狂いは修正されておらず、高1の秋に中退。アルバイトを始めるが、サボることが多かった。
「ヤンキー母校に帰る」の高校、中退者を受け入れてくれる北海道の高校に再度、入学。ヤンキー、いじめられっ子、どちらでもない、がそれぞれ3割ずつくらい存在。(私はどちらでもない)
小樽や札幌でドキドキしながら初ナンパしてみたり、好きな女の子に逢いたくて女子寮に忍び込んだり。
デニム、ポロシャツなどファッションにも強い関心。
映画ハートブルー(原題ポイントブレイク)を観て、サーフィンに強く憧れる。
春・冬・夏休みに地元に帰った時には、門限もないので思い切り遊び、まるで縮んだバネが一気に開放された様相。
次こそ絶対卒業!という強い気持ち&寮生活の規律のおかげで、無事に卒業。テスト成績も良かったので、大学は推薦入学。

大学時代

高校では学費の面で親にとても迷惑を掛けたので、4年で卒業を心に決める。講義も真面目に聞き、たいていは一番前の席で受講。経済学科でしたが4年を振り返れば、大学という所は学問の域を出ることはなく、大学の勉強で実際に稼ぐ能力を得ることはなかなか難しいというのが、正直な感想。
1回生では、スノーボードに夢中。パウダースノーを楽しんだり、360°などのトリックを練習したり。シーズン券を購入してしょっちゅう山へ行く。
2回生の時に念願のサーフィンを北の地で開始。初めて波を滑り下りた時の感動はかなり衝撃的。早朝3時頃に出発し、2時間以上車を走らせ、5時~8時くらいの間サーフィンをして、大学の受講、夜は家庭教師のバイト、というパターンの生活。
サーフィンという自然の中で純粋にただ波と遊ぶ行為は、学歴社会とはかけ離れた世界。大きく価値観が変わる。「幸せ」は誰でも得る権利がある、と実感。大学よりもむしろ、海で多くを学ぶ。4年で卒業。

東から西へ

当時交際の彼女は関西出身。大学卒業で遠距離恋愛になるが、そばにいようと移住を決意。まずは車の製造工場(仕事はかなりハード)で1年半、住み込み労働生活。引越し資金を貯め、兵庫県に移住。貯金を使いながら、就職活動。

ダイビングショップ
燃え尽き症候群
プロゴルフへの甘い夢
自由業で1000万円
FXで▲200万円
アフィリエイトの道